LOG IN

「君の名は。」は"願い"であり"祈り"であり、そして"希望"だった。

by 野村純平(男子ハック)

こんばんは、ちょっと"大げさ"なタイトルをつけてみたい夜でした。仕事をしなくちゃいけないのに、好きなことをダラダラ書くという時間ってすごく充実するし、自己満足感が凄いですよね。

新海誠監督の映画「君の名は。」が8月26日に公開され、27日までの2日間で観客動員数は約59万人。興行収入は約7億7000万円(27日時点)と、早くも大ヒット作品に。

「シン・ゴジラ」の大ヒットと言われていますが、こちらは公開2日目での興行収入が6億2461万円なので、シン・ゴジラを超えて興行収入は60億円を見込めるといわれています。

というわけで「君の名は。」を見てきました

なんだかわからないけど、涙があふれた。
隣の席で見ていた知らない女の子が号泣してた。

ネタバレとか、批評を書くつもりはなくて。観てきたよ〜ってことだけ言いたかったのです。

観てきた感想は、「なんだか心の奥のほうがザワザワして、気がついたら涙があふれてきて……」という感じです。

https://www.instagram.com/p/BJpsFZFAx9H/

「シン・ゴジラ」と同じく 3.11 をうけての思いが〜という点は監督自身もインタビューではっきり名言していますが、願いとか祈りとかが"結ばれていて"、それは希望だったんだという映画でした。

「君の名は。」の予告編

まだ観てない、興味ない、という人はまず予告編を。「どうせアニメでしょ?」と思うなかれという感じ。

なんだろう、斜に構えてこの映画を見たほうが絶対面白いと思う。良い意味で裏切られてほしい。


著名人から絶賛のコメント

公式サイトには著名人からもコメントが寄せられています。コメントからもわかるように、見た人によって受け止め方が違うというのも面白い。

映画『君の名は。』公式サイト - コメント

みんな、なにかしら「心がざわついた」と感じたのだと思う。

秋元康(作詞家)

心が震えた。
風が木々を揺らすように、心の奥底がざわざわした。
人は、誰かを探している。
人は、誰かを待っている。
運命はいつだってもどかしい。
新海誠が描く世界は、”それでも”希望に満ちている。

鈴木敏夫(スタジオジブリ プロデューサー)

人類が最後にかかるのは、希望という名の病気である。
――映画を見ながら、サン=テグジュペリのこの言葉が何度も脳裏を過った。

岩井俊二(映画監督)

新海作品はマグリットの『ピレネーの城』に似ている。
大胆不敵にして不朽の説得力。
『君の名は。』はそんな彼の集大成だと言いたい。
けど彼の『ピレネーの城』はもっともっと高みにあるような気もするのだ。

秦基博(シンガーソングライター)

「君の名は。」、どれほどの思いを巡らせばこんな物語を結べるのだろうかと打ち震えました。
それは感動と畏怖とが綯い交ぜになったような、なんとも言い表わせない複雑な感情で、鑑賞後、僕はしばらく言葉を失ってしまいました。
このピュアネスとリアリティ、そしてスケール感。あまりにも圧倒的です。

関口靖彦(「ダ・ヴィンチ」編集長)

あの人と、ずっと一緒にいたい。
そんな切実な思いすら、僕たちは日々の雑事にかまけて忘れてしまう。
『君の名は。』は、そんな僕たちのための物語だ。
「忘れること」に抗い、ただひたすらに「あの人」に手を伸ばすための物語なのだ。

相田冬ニ(ノベライザー)

わけもなく、涙がながれた。
なにかをおもいだす。
なにかがよみがえる。
人間の、そんな根源的な力に、初めて出逢った気がした。

「君の名は。」を見終わった人が余韻に浸りまくっている模様

音楽はRADWIMPSが担当しているといことで「家に帰ったらRADWIMPSを買おう」と考えた人が続出(?)したのか、iTunes Storeでのランキングは「君の名は。」で使われた4曲の楽曲全てがランクイン。

映画の影響力って凄い。とりあえず4曲ともポチっとしちゃいましたよね。

さて、仕事に戻ります。


映画『君の名は。』公式サイト



野村純平(男子ハック)
OTHER SNAPS